金属アレルギーの場合は?

婚約指輪や結婚指輪は人生のもっとも大切な品物の一つという方も多いでしょう。
一生大切な宝物として扱う人が殆どです。

しかし、そんな指輪にも実はちょっとしたリスクがあります。
それは【金属アレルギー】です。
すぐに対処すれば大きな問題にはなりにくいですが、婚約指輪・結婚指輪の性質上はずしたくないという場合があります。
しかし、症状を無視して着用を続けていると状態が深刻化してしまうこともあります。

ここでは、そんなリスクに対する注意点や対処法について詳細に解説しています。

もし最初から体質を把握していたのであれば、指輪の素材を工夫しましょう。
一般的にプラチナやゴールドはアレルギーを起こしにくいと考えられています。
しかし、それでも症状が出てしまう人は少なくありません。

念には念をいれて、さらにアレルギーを起こしにくい素材を選択しましょう。
一例として【チタン】が挙げられます。
また、外科医療用に使用されているサージカルステンレスという材質もオススメです。
これは一般的にはメスに使われているもので、海外ではボディピアスなどに使用されることも多いようです。

もちろん上記のものを使用したからといって、必ずしもリスクを防げるというわけではありません。
十分に注意をする必要はあります。
こちらのカルティエの婚約指輪についての解説も是非、ご覧ください。

金属アレルギーとは?

これは金属が原因となって引き起こされるアレルギー症状です。
しかし金属が直接的な症状を引き起こすわけではないというのは意外に知られていない事実です。
具体的には金属から発生している金属イオンが人体のタンパク質と合成してしまうことで、
さまざまな症状が発生してしまうのです。

そのため、1つの箇所で腫れなどの症状が発生したのにもかかわらず放置してしまうと、
金属イオンが血液を通じて身体中にいきわたってしまい、全身の皮膚に以上が発生してしまうこともあります。
これは非常に危険な状態で、こうなる前に対処しなくてはいけません。
基本的には皮膚が腫れるという症状が発生するのみですが、しばしば呼吸困難などが引き起こされることもあります。
その為、しっかりと症状と対処法を把握しておく必要があります。

慢性的な症状になっても重篤な状態にならないからといって放置しておくと、
携帯電話やドアノブにも触れることが出来ないほど状態が進んでしまうこともあるという事を頭に入れておきましょう。

もしも自分がアレルギー体質だということを知らずに指輪を購入して症状が出た場合は、
すぐに指輪をはずして、医師に相談しましょう。

Copyright© 2013 Knowledge of engagement rings All Rights Reserved.